プロフィール

 千代園 剛(ちよぞの たけし)

  1986年6月6日生まれ

  私立相洋高等学校卒業

  洗足学園音楽大学 現代邦楽科卒業

  洗足学園音楽大学 大学院卒業


  幼少期、盆踊りの櫓(やぐら)の上で太鼓を叩く姿と音色に魅了され地元のグループに入りバチを握る。

  大学にて講師の西川啓光と出会い、和太鼓だけでなく古典や現代邦楽の打楽器の指導を受け、全ての邦楽打楽器の奏者になることを志す。


  邦楽打楽器を西川啓光

  和太鼓を林英哲

  お囃子を藤舎呂凰

  の各氏に師事。


  東京邦楽コンクール 現代音楽会協会賞 受賞

  大学院グランプリ 出演


 『平成26.10.30千代園 剛 ファーストライブコンサート ~花の朝 月の夜~』

 古賀政男音楽博物館内けやきホール(220席)にて開催。

 満員御礼、ラストはスタンディングオベーションをいただく舞台となり大成功をおさめる。


  『 主な出演 』

  ●石川さゆり35年記念音楽会にて大太鼓演奏。

  ●2010年日本舞踊協会主催 第3回新作「新▲道成寺」にて和太鼓奏者として初出演。最年少出演(24歳)

  ●民謡歌手の伊藤多喜雄のTAKiOバンドに参加し全国を巡る。

  ●メキシコで行われたセルバンディーノ国際芸術祭に舞踊集団『芸○座』の一員として参加。

  ●2012年度日本マクドナルドWWC「ワールドワイドコンベイション』にて作曲、演奏指導。

  ●「ざ・五人囃子」として 2012~2013年連続でイタリア演奏旅行。

  ●2013年 フランスのJAPAN EXPOのメインステージにて演奏。1万8千人から大喝采を浴びる。

  ●林英哲風雲の会参加。

  ●踊心ダンスシアター SNAZZY DOGS参加。 ダンスとのコラボレーション。

  ●心魂プロジェクト 難病と闘う子どもたちの元へプロのアーティストが本物のパフォーマンスをデリバリーする活動に参加。2014年~2016年。

   デリバリーパフォーマンス、ミュージックシャワー、オリジナルミュージカルに出演し和太鼓以外にも歌や芝居にも挑戦し表現者としての幅を広げる。

 ●2015年 和太鼓千代組 結成

  ●2015年、宮城県気仙沼市の御岳神社、秋祭りにて奉納演奏を行う。気仙沼市指定無形民俗文化財に指定されている山田大名行列が通ったあとの神聖な道で演奏。

 ●2015年10月 ファーストコンサート「花の朝 月の夜」古賀政男音楽記念館 満員御礼

 ●2016年6月 「29年と364日」吉祥寺スターパインズカフェ 満員御礼

 ●2016年10月「月の夜に響くは鼓動」 鶴見区民文化センター サルビアホール 満員御礼

 ●東京都盲ろう者友の会にて2016年、2017年、学習会講師。

 ●保育園教員向け学習会講師。保育園児、幼稚園児向けのリトミック、ワークショップ開催

 ●小・中学校の伝統芸能の芸術鑑賞授業、講師。

 ●近年は宮城県、岩手県の神社やお寺などで奉納演奏や福祉施設での演奏、高校での指導などで積極的に被災地へ行き、演奏を通じ復興支援を行っている。

 ●2017年3月 グローバル ピース コンベンション 2017 フィリピン マニラで開催された国際的な平和会議において大統領、各界のVIPの前で大太鼓演奏。

 また、グローバル ユース サミットではオープニングアクトとしてモ―ル オブ アジア アリーナにて2万人の前で演奏。

 

  ●2016年12月より全く新しい音響セラピー、和太鼓を五感で感じるオリジナルメソッド「響沁浴」~和太鼓の響きに包まれる をスタート。高い評価を得ている。



 『 所属グループ 』

  ●ざ・五人囃子 http://www.goninbayashi.com/

  ●東京最前線 http://tokyosaizensen.jimdo.com/

 ●SNAZZY DOGS http://youtu.be/GhlbtRlYYl0

 ●SAMRAY

 



プロジェクトの歴史

ここではプロジェクトの歴史やどういう過程でプロジェクトを立ち上げられたのかを説明したり、プロジェクトのマイルストーンや訪問してくださる方に感謝の意を伝えます。

私たちのユーザー

ここでは常連ユーザーについて記述することができ、なぜこのプロジェクトが重要なのかを伝えます。 訪問者へ動機を与えることが、ウェブサイトに戻ってきてくれることにつながります。